近年、脱毛症に悩む人が増えてきています。体質的なものからストレスによるものなどその原因は様々ですが、髪の毛が抜けますと周囲の目線も気になります。このため多くの人が脱毛症の改善に取り組んでいます。脱毛症を改善するための方法も種々ありますが、中でも近年脱毛症の治療で注目されているのがミノタブです。ミノタブはミノキシジルタブレットの略で、発毛効果が高いことで知られています。

発毛薬として多くの人が利用しています

ミノタブは発毛剤であるミノキシジルの内服薬で、脱毛症に効果的な薬として知られています。この薬には血管拡張作用があることからもともとは高血圧の治療薬として開発、使用されました。ところがこの薬を服用していた患者の脱毛症が改善したことが判明。これをきっかけにこの薬が脱毛症の治療に応用、実用化されるようになりました。今では現存する治療薬の中で最も発毛作用がある薬として知られています。なおミノタブは副作用が強いため、外用剤では効き目が無い場合や重度の脱毛症に限って脱毛症治療の専門クリニックで処方されます

種類は大きく分けて2つあります

ミノタブには主に5mgのものと10mgのものの2種類あります。これらはその成分であるミノキシジルの配合量が異なります。すなわち5mgのものよりも10mgのもののほうがミノキシジルの配合量が多く、より大きな効果が期待できます。従って、まずは5mgのものが処方され、それで効果が無ければ10mgのものが処方されることが一般的です。ただしいずれも1日の使用量に上限があり、その量は概ね1日あたり2.5mgから10mgとされています。どちらの種類にせよ担当医の指示に従って、適切な使い方で使用することが重要と言えます。

効果がある一方で、副作用にも注意が必要

ミノタブの主成分であるミノキシジルはもともと高血薬の治療薬として開発されたものですので、発毛薬として使用する際には血圧などへの副作用のリスクに注意する必要があります。具体的には低血圧、頭痛、めまい、動悸などといった副作用が挙げられます。また顔や体のむくみ、頭皮のかゆみなどといった症例や重篤な場合では心不全や心筋梗塞といったケースもあります。当然のことながら使用量が増えれば増えるほど、そのリスクも高まります。5mgよりも10mgのほうがより高い効果がある反面、副作用のリスクもそれだけ高くなることはよく理解しておく必要があります。

まとめ

ミノタブは抜毛に効果がある一方、副作用もある薬です。5mgのものと10mgの2種類が主流ですが、いずれも医師とよく相談したうえで、1日に服用する量を厳守するなど、正しく服用していくことが重要となります。