ミノタブはミノキシジルタブレットの略称で、高い発毛効果のある飲み薬として人気を集めています。ミノキシンジルは頭皮に塗るタイプの発毛剤などにも含まれている商品もありますが、飲み薬の方が毛根に直接運ばれるため効果を発揮しやすいです。ただし、飲み薬ならではの副作用がある場合があります。

副作用はどうして生じるのでしょうか

ミノキシンジルは、もともと高血圧の治療用に開発された薬です。ミノキシンジルを経口服用すると、ミノキシンジルが毛根だけでなく全身に作用してしまい、低血圧の諸症状を生じてしまうことがあります。低血圧の代表的な症状としては、ふらつきやめまい、倦怠感、動機や息切れなどです。副作用の出方は個人差が大きく、全く感じないという場合もあれば、もともと低血圧の人などは使用を中止しなければならないほど強く出る場合もあります。通常は、はじめ強く出ても服用を続けていくうちに、副作用を次第にに感じなくなるケースが多いです。

ミノキシンジルの量を調節して、副作用を抑えましょう

ミノタブに含まれるミノキシンジルの量が多ければ多いほど副作用が出やすくなります。低血圧の副作用が強く出て辛いと思った場合には、医師と相談のうえで服用するミノタブの量を調節すると良いでしょう。発毛効果も、人によっては少ない量でもきちんと効果を出してくれる場合もあります。ピルカッターなどで一錠を半分に割って服用したり、二日に一度のペースで服用したりと調節することで、副作用の出方を弱めることが可能です。少し慣れてきたところで、本来の量を摂取すると、体が慣れているため副作用の出方がましになっていることがあります。

服用の前に、生活習慣を見直してみましょう

また、もともと低血圧の人は副作用が強く出て、危険を伴うことがあります。ミノタブを服用する前に、まず生活習慣を改善して低血圧になりにくい体質に改善してみましょう。改善には、適度な運動と十分な睡眠、必要栄養素の補給などが必要不可欠です。特に、亜鉛やミネラル、ビタミンなどをサプリメントなどで摂取すると、改善する場合があります。また、冷たい飲み物ばかり飲まない、お風呂にゆっくりとつかるなど日々のちょっとした行動によって予防することが出来ます。低血圧を改善した上で、ミノタブを扶養すると、副作用が出にくく安全に使用することが出来ます。

まとめ

ミノタブは、発毛効果が非常に高い錠剤として人気を集めていますが、低血圧の副作用を生じることがあります。まずは、生活習慣を見直して低血圧になりにくい環境を整えた上で、服用すると安全に使用できます。また、それでもどうしても副作用がきつい場合は、服用する量を調節すると良いでしょう。