30代から60代の働き盛りの男性で、薄毛や脱毛症に悩む人が年々増えています。病院で治療と聞くと、料金や治療内容が気になり、躊躇する男性も多いですが、髪の悩みは発毛や育毛を専門に扱うAGAクリニックで行うことがお勧めです。そして、医師やスタッフに何でも相談することが大切です。

料金や治療内容を納得いくまで聞くことが大切

AGAとは男性型脱毛症のことを指しており、ホルモンのバランスが崩れ、育毛のサイクルが失われて起こる脱毛症のことです。30代から60代くらいの男性に多く見られ、年々、悩みを抱えてAGAクリニックに通う人が増えています。しかし、AGAクリニックと聞くと美容クリニックや美容皮膚科のイメージが強く、男性が踏み入るには少々勇気が必要な場所です。さらに、美容医療は保険適応外の診療が多く、料金についても不安を持っている人が多くいるのが現実です。AGAの治療を考えるときは、料金なども含め、病院のスタッフに何でも相談することが大切です。また、病院を選ぶときも、カウンセリングを十分に行ってくれる病院か十分に下調べしておくことが重要です。

一人一人の症状によって治療プランが様々

AGA治療で一般的に行われるのが、プロペシアなどの内服治療で、費用は1ヵ月に5千~1万円かかる病院が多いようです。病院によっては、1種類の薬だけでなく、ビタミン剤や炎症を抑える薬なども一緒に内服する場合があります。また、内服期間も症状によって異なり、長期間の場合は数カ月単位で少し安く購入できる場合もあるようです。一方、成長因子と呼ばれる栄養素を直接頭皮に注入し発毛を促すHARG療法では、頭皮のどの範囲に注入するか、何回行うかで費用が異なり、場合によりますが一回につき10万円近くかかるケースが一般的です。けして安い金額ではないので、事前に何でも相談することが大切と言えます。また、カウンセリングを十分に行ってくれる病院で、治療の全体像をしっかりと把握しておくことが大切です。

カウンセリングで治療プランを立ててから治療を開始

AGAクリニックでは、その他にもシャンプーやトリートメントで頭皮の状態を整えるスカルプケアやAGA遺伝子検査を行っている病院があります。スカルプケアでは5千円前後の費用がかかる場合が多く、また遺伝子検査の費用は2万円前後の病院が多いようです。AGA治療では、一つの治療方法だけでなく、症状に合わせた治療プランを組んで多方面から発毛と育毛を促すことが重要です。そのためにも、医師やスタッフとのカウンセリングで信頼関係を築き、何でも相談することが大切です。そして、病院を浦ぶときは、カウンセリングを十分に行ってくれる病院かどうか、どんな悩みでも聞いてくれそうな病院かを見極めることが大切です。

まとめ

AGA治療は、一人一人の症状によって治療内容や期間が異なることがほとんどです。治療は高額になる場合もありますので、医師やスタッフに何でも相談することが大切です。十分に相談した上で治療を行い、薄毛の悩みを払拭して、仕事やプライベートで自信を持って明るく前向きに生活することが大切です。